Event is FINISHED

第7回SDSGワークショップ /これからの「街作り」に必要なものは何か

沖縄オープンラボラトリでは、マーケットの現状と未来を知り、新たな市場の発見や創造、またクラウドやSDNの適用パターンを発見するため、定期的にマーケットの勉強会を開催しております。
Description

第7回のテーマは「街作り」

日 時:2015/7/31(金) 14:00~17:00
場 所:株式会社レキオス メンバーシップサロン
那覇市おもろまち4-19-16 レキオスビル 7F(ゆいレール おもろまち駅直結)
タイトル:「これからの街作りに必要なものは何か」
募集人数:25人
参加費:無料 
--------------------------------------
懇親会:会費4,500円
「Pine Tree Bless Tギャラリア店」
ゆいレール「おもろまち」より徒歩1分。Tギャラリア内。
--------------------------------------

開催概要
特に地方都市において、高齢者を含めた人口減少が顕著になりつつある。
そこで、注目されているのが郊外に広がった都市機能を中心部に集めるという「コンパクトシティ」という考え方である。
住宅や施設を一定の地域に集まれば、商業活動や行政サービスを効率的にできるというものです。
沖縄は2010年から2040年において、65歳以上の人口増加指数は171.3と全国1位と予想されおり、実は沖縄は首都圏と同じ傾向の問題を抱える可能性があるのではないでしょうか。
今回、都市計画や街作りに長年にわたって携わってこられた東急電鉄の東浦氏をお招きし、これからのあるべき街作りと住民が持つべき視点など探求します。
沖縄オープンラボラトリでは、技術先行の「スマートシティ」ではなく、大都市、地方都市に関わらず、その地域に根差した「街作り」とそれに貢献できるICTに取り組んでいきます。

ご講演者:東京急行電鉄株式会社 東浦(とううら)亮典氏

プログラム:
    (1)東浦氏ご講演
    (2)島田氏ご講演
    (3)パネルディスカッション/Q&A
 ※本会終了後、別会場にて懇親会を実施します。

講師紹介
●東浦 亮典氏 (とううら りょうすけ)
東急電鉄 都市創造本部 開発事業部 事業計画部 統括部長

1985年 東京急行電鉄入社。
駅員、車掌研修を経て、開発部門に配属。
一時東急総合研究所出向。  
復職後、ショッピングセンター開発、
コンセプト賃貸マンションブランド立ち上げなどを経て、
2009年 企画開発部統括部長。
東急沿線のマーケティング、ブランディング、
プロモーションに  取り組みつつ、
クリエイティブシティコンソーシアム、
横浜市との次世代郊外まちづくりなどを担当。




●島田勝也氏
沖縄大学地域研究所特別研究員

沖縄市出身
1983年NTT入社、NTTの営業部門、企画広報部門、新規事業部門を担当。
現在はNTT西日本沖縄支店沖縄振興推進室において自治体コンサル業務を担当する。
2011年より沖縄大学にて担当科目「メディアとマーケティング」「サービスとマーケティング」を教えている。また県内市町村の総合計画策定や地域ブランディング等にも多数関わっている。

【SDSGとは】
http://www.okinawaopenlab.org/research_content/research_content_2014/research_theme07

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-07-21 09:30:10
More updates
Fri Jul 31, 2015
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社レキオス メンバーシップサロン
Tickets
参加費(無料)

On sale until Jul 30, 2015, 12:00:00 PM

Venue Address
沖縄県那覇市真嘉比1-1-1 Japan
Directions
レキオスビル 7F(ゆいレール おもろまち駅直結)※駐車場は近隣の有料駐車場をご利用いた だくか公共交通機関のご利用をお願いいた します。
Organizer
一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ
382 Followers